レンタル可能な測量機器にはどんなものがあるの?

業務用の測量機器には用途に合わせてさまざまな種類があります。
常時業務で使用するものであれば購入した方が良い場合もあるでしょう。けれども、一時的に使用する場合はレンタルした方がコスト面でお得な場合もあります。
広島に本社のある株式会社山陽測器ではレンタル可能な測量機器が用意されています。どんな測量機器をレンタルすることが出来るのかご紹介しましょう。

◆測量機器とは?

まずは、測量機器とはどういうものなのか確認しておくことにしましょう。
新しく道路を作ったり、建物などを建設したりするときには、その土地がどんな状況なのか調べる必要があります。
例えば、マンションを新しく建設するときには、敷地の面積や土地の高低差がどの程度あるかなどを調査した上で、マンションの設計を行ないます。
測量機器はこうした調査を行なう際に使用されます。測量機器は「高さ」、「角度」、「距離」など、測量する対象に合わせた機器を使うことになります。

◆測量機器の種類

次に測量機器にはどんな種類のものがあるのか主なものを紹介しておきましょう。
①レベル: 建設現場の特定の地点の高さや、複数地点の高低差を測るときなどに使います。
②セオドライト(トランシット): 角度を測るときに使用します。
③トータルステーション: 角度と距離を測ることが出来る機器です。
④GNSS測量機: 「Global Navigation Satellite System」の略です。24個ある測位衛星システムを利用して位置を測ることが可能です。

◆レンタル可能な測量機器

それでは、レンタル可能な測量機器にはどんなものが用意されているのでしょうか?株式会社山陽測器では、次の測量機器をレンタルすることが可能なようです。
①杭ナビ、②トータルステーション、③GNSS、④自動レベル、⑤回転レベル、⑥電子セオドライト、⑦レーザーセオドライト、⑧レーザー墨出器、⑨レーザー鉛直器、⑩パイプレーザー、⑪1素子反射プリズム の11種類62品目の測量機器の中から必要に応じてレンタルすることが出来ます。

◆HPで仕様や取扱い方法の確認が可能

測量機器のレンタルの問い合わせは株式会社山陽測器のHPで簡単に行なうことが出来ます。
さらに、各測量機器のカタログや取扱い方法がHPで公開されています。そのため機器の仕様についてだけでなく取扱いについても確認することが出来ます。
業務で使用する場合、問い合わせの手間はあまりかけたくないものです。出来れば製品の仕様について確認して、必要としている機能がついたものかどうかチェック出来る方が良いでしょう。
測量機器の取り扱い方法も事前に分かっていれば、機器をレンタルしてから確認するよりもより効率的と言えるのではないでしょうか?

株式会社山陽測器でレンタル可能な測量機器をご紹介してきました。カタログだけでなく取扱い説明書も事前に確認することが出来るのはレンタルする方としてはピッタリの機器を選定する際に参考になりそうです。